借金癖が抜けない

昔から浪費してしまうところがあり、社会人になってからも変わりませんでした。そこそこ収入があるだけに、なおさら多少無駄に使っても困ることはないと浪費をしては借金をしてしまったりします。

浪費もそうですが、借金癖だけは何とか直したいと思っているものの、なかなか自制をするのは難しいものです。

大金を借りるというわけではなくて、給料日前に数万円程度借りるぐらいですから、借金地獄に陥るということは今のところ無いだろうと考えているものの、このままエスカレートしてしまいそうなので今からなんとかしたいです。

本当に困ったときに借金をするのは仕方ないのかもしれませんが、遊んでお金を使って生活費がなくなったり、更に遊ぶ金を手に入れるために借金をしているようでは近い将来破滅が訪れるのは間違いありません。

それをわかっていながら、借金をしてしまうので本当にお金というのは魔物に感じます。
特に今は消費者金融を利用すれば、何時でもすぐに口座にお金が振り込まれるわけですから、つい甘い誘惑に負けてしまいがちです。

稼いでいるうちは今の生活をしていても良いと考えられますが、落ち目になった時にすぐに生活スタイルを変えられるわけでもありませんから、なんとか借金癖だけはなくすように日々考えを改めるようにはしています。

遊ぶために借金をしてしまった

無駄遣いは多いもののお金がなくなったらそれでおしまいという感じで、借金はしてきませんでした。自分の性格を理解していますから、借金をしたらそれこそ身の破滅だと考えていたためです。

ところが、先日旧友と会うことになりついつい遊ぶためにお金を借りてしまいました。就職のため地元を離れていた友人が帰ってきたということで、遊ぶことになったのですが給料日前でお金がありませんでした。

いきなり、友人からお金を借りるのもケチが付いてしまいますし、遊ぶための金を誰かに借りるのも頼みづらいものがあります。

そこで、はじめて消費者金融を利用してお金を借りることにしたのです。なんだかとても悪いことをしているような気になってしまいましたが、このチャンスを逃すと次は何時あるかというものですから、仕方ないかなと言い訳をして利用をすることにしました。

今まで借金をしたこともありませんでしたから、すんなりとお金を借りることができ楽しい時間を過ごすことができたのです。

金額的には大したものではありませんでしたから、給料日には全額返済をすることができましたが、それからは最低限何かあったときのために、少しだけでもお金を残しておくことにしました。

軽い気持ちで借金をしたら大変な事になりました

私は借金をして大失敗をした事があるのですが、その入り口は友人との旅行で少しお金が足りなかったので、消費者金融で少額のお金を借りるだけの一見大した事の無いものが入り口でした。

それまで借金というもの自体をした事が無い私にとって、こんなにあっさりお金が手に入るのかと驚き、その当時は簡単に返せる収入もありましたので、それからの私はちょっと高いけど欲しいものが出来てしまうとすぐに借金をする癖が出来てしまいました。

ですが、次第に借りるお金は増えてしまいまして、しばらくすると利子を返すのがやっとの生活になってしまい、気づいた頃には借金総額が200万円を超えてしまったんです。

いよいよ自分だけではどうしようもない額になってしまいましたので、結局親に頭を下げて借金をまとめて返してもらいましたが、それ以降の私は借金を一切していませんし、する気も無くなりました。

もちろん消費者金融などを上手く利用するのも悪くない選択だと思いますが、私のようについついお金を借りすぎてしまう癖のある人は絶対に借金をしない方が良いですし、もう親を頼る事は出来ませんのでもしも次にこのような事が起きてしまえば、今度こそ人生が終わってしまうと思いました。