特定調停と金融について

借金癖が抜けない

MENU

特定調停と金融について

特定調停は直接的な金融の方法ではなく、債務整理の一種です。借金の返済が困難な場合に他の金融機関から借入をして返済するよりも、債務整理を行なって借金を減額した方が効率的に返済ができます。私は複数の消費者金融業者から借金があり、返済が困難な状況になっていました。

 

また職業が警備員なので、自己破産を選択できないという事情もあります。警備業法14条では破産者で復権していない者について、警備員として就業できないことが規定されています。確かに自己破産をすれば債務全額が免除され楽になりますが、あくまで最終的な手段です。私には警備員として一定の収入があったので、特定調停により債務額を減額して返済していこうと考えました。

 

特定調停は裁判所の仲介を受けながら、債権者と債務者の協議で債務額を減額する手続です。借金した当初に遡及して利息制限法の上限金利まで金利を引き下げ、債務額を再計算します。任意整理と同じように減額する債務を選んで交渉することができます。自動車や住宅のローンを除外すれば、財産を維持したまま債務を整理することが可能です。

 

裁判所に民事執行停止の申立をすれば、既に行われている強制執行を停止することもできます。私も特定調停により債務額が減り、計画的な返済が可能となったので助かりました。