金融で特定調停をした体験

借金癖が抜けない

MENU

金融で特定調停をした体験

私は、消費者金融からお金を借りた時に絶対に返済できる自信はあったのですが、実際には世の中何が起こるかわかりません。そこで、借金の返済ができなくなりそうな時に弁護士さんに相談をすることにしました。普通の弁護士さんに相談すること自体は非常に敷居が高いことと感じますので、長々相談することができないかもしれません。

 

そして、時間が経過してしまい状況が悪くなってから相談することになるのが一般的です。ですが私は、過去に一度交通事故で弁護士さんに相談をしたことがあったためそれほど抵抗はありませんでした。その時とは違う弁護士さんに相談してみましたが、まずは特定調停をすることになるだろうといわれました。

 

難しい法律用語を使うと感じた私は直接どのような意味か聞いてみたところ、裁判官の面前で債務者と債権者が話し合うことをいうそうです。私が直接話し合うわけではなく弁護士さんが代りに私の話しをしてくれますので問題ないだろうと思いました。

 

特定調停が始まると、どうやら消費者金融の方は全額返済しなくてよいと言うようになりました。弁護士さんだけあり専門的な知識を持っているだけでなく経験をたくさん積んでいるため上手に対処してくれたようです。